【初級編】年商50億円を支えたAmazon広告の予算組みの正解、元Amazonが教えます

Amazonで商品販売を考える上で、Amazon広告の活用は必要不可欠です。今回は、Amazon広告の基礎的な内容について解説します。特に事業者の方や、新規参入者の方にとっても参考になる情報を解説していきます。

さらに、初めてAmazonで広告を行う方にとって重要なポイントを3つご紹介します。これらのポイントを押さえることで、効果的な広告運用の展開が可能になります。

Amazonでの販売を考える際には、広告の重要性を理解し、効果的な広告戦略を構築することが必要不可欠です。今回の記事を通じて、基礎をしっかりと学び、是非参考にしてください。

 

 

①広告の枠


Amazonの巨大な市場を制するためには、Amazon広告は不可欠なマーケティングツールであり、基本的な知識を理解することが極めて重要です。そのため、Amazon広告の定義、種類、機能、および関連する費用など、広告戦略の基礎的な要素を包括して理解していく必要があります。

Amazon広告は、Amazonプラットフォーム上で商品やブランドの認知度を高め、販売促進を目的とした広告サービスです。特に、Amazonで購買意欲が高いユーザーにアプローチすることが可能であり、さまざまな広告フォーマットが提供されています。

例えば、特定の商品を強調するスポンサープロダクト広告や、ブランドの認知度向上に寄与するスポンサーブランド広告など、目的に応じた広告戦略を展開することができます。

Amazon広告では、検索結果や製品ページだけでなく、Amazon外部のウェブサイトやアプリケーションでも表示されることがあり、広範なターゲットにアプローチができます。

 

②広告の種類


Amazonの広告は大きく分けて、「スポンサー広告」と「DSP広告」の2つがあります。スポンサー広告には、「スポンサープロダクト広告」「スポンサーブランド広告」「スポンサーディスプレイ広告」の3つの広告枠があり、さらにそれぞれに動画版も存在します。それぞれの広告には異なる役割や特徴があり、商品露出やブランド認知度向上、広告表示領域の拡大などの目的があります。

Amazon広告を活用する際には、準備期から成長期までの段階で戦略的に広告を配置することが重要です。準備期では商品の画像撮影や商品ページの作成に集中し、立ち上げ期では商品の販売が開始され、広告を活用しながら商品の需要に応じて戦略を調整します。成長期では引き続き広告を活用しながら、商品の需要変動に柔軟に対応していきます。

Amazon広告は日々進化しており、全ての広告形式を完全に理解することは難しいかもしれませんが、戦略的な活用法を把握し、柔軟に対応することが重要です。

 

③初心者が押さえるべきポイント3選

【初級編】年商50億円を支えたAmazon広告の予算組みの正解、元Amazonが教えます

初めてAmazon広告を利用する方にとって、成功するためのポイントは何でしょうか?ここでは、広告の予算配分、費用対効果目安、キーワードごとのアプローチに焦点を当てて説明します。

1. 広告の予算配分
広告の予算配分に関しては、以下の比率が一つの目安となります。「SP(スポンサープロダクト)」「SB(スポンサーブランド)」「SD(スポンサーディスプレイ)」の広告メニューをそれぞれ7対2対1の比率で配分しましょう。この比率は、実際の広告運用から得られた経験に基づいています。一般的には、スポンサープロダクトが70%から80%、スポンサーブランドとスポンサーディスプレイがそれぞれ10%から15%、残りの5%から10%に配分されることが多いです。この配分は、各広告枠のクリック率や費用感を考慮しています。ただし、初めての方は最初はスポンサープロダクトに集中しても問題ありません。

2. 広告費の費用対効果目安
広告費の費用対効果に関しては、AmazonのACOS(Advertising Cost of Sale)や一般的なWebマーケティングのROAS(Return on Advertising Spend)を考慮しますが、初心者の場合は粗利率よりも広告費用を抑えることが重要です。売上によって赤字になることを避けつつ、広告費用を最適化していきましょう。

3. キーワードごとにアプローチする
広告をする際、どのキーワードに焦点を当てるかも重要です。お客様が商品を購入する際にどのようなキーワードで検索するかを予想し、それに対応したキーワードを選定しましょう。また、競合他社のポジションや自社の商品の検索結果での位置も考慮に入れ、広告戦略を立てていきます。キーワードごとの広告のパフォーマンスを把握し、適切に調整していくことが重要です。

初心者がAmazon広告を活用する際には、予算配分、費用対効果、キーワード戦略に焦点を当てることが重要です。適切な広告戦略を立て、データを分析しながら改善を続けることで、効果的な広告活用が可能となります。

 

まとめ


広告活動において重要な要点は以下の通りです。まず、広告枠と広告の種類を理解すること。次に、事業フェーズに合わせて適切な広告戦略を展開すること。初心者が押さえるべき考え方は、ターゲットオーディエンスの明確化、目標の設定と追跡、そしてテストと最適化です。さらに、広告予算配分と費用対効果の評価が欠かせません。最後に、キーワードごとに適切な広告戦略を展開することで効果を最大化します。

 

 

◆詳しくはたなけんのEC大学の解説も参考にしてください!

 

【物販初心者必見】Amazonの販売で失敗する5つの理由
【アマゾンジャパン元トップセールスが教えます】

たなけんのEC大学(Youtubeチャンネル)を見る

    AmazonEC/D2C戦略と運用について
    GROOVEに相談する

    貴社のご状況に沿って、成功に貢献できるご提案をさせていただきます。
    また、サービス内容の詳細や成功事例などもご紹介いたします。

    • HOME      >      
    • 【初級編】年商50億円を支えたAmazon広告の予算組みの正解、元Amazonが教えます